【Atelier nue】ヘンプのマスク

布にまつわるオーダーメイドAtelier nue瓩箸靴導萋阿靴討ります、
NE運命解析士 宮坂絹枝です。
麻の中でも、日本古来から生活の中に息づいていた爛悒鵐廖並臻磧豊瓠
その、素材としての優れた特性が、体にも非常に優しく、身に付けるものとして、この先も長く使っていきたい素材だと思い、
ヘンプシリーズとして、先ず作ったのがマスクでした。

ヘンプは、夏の暑い時期は、さらっとしていて調湿効果もあり、活躍してくれました。
これから段々と寒い季節になってくると、保温効果を感じることが出来、一年中お使い頂ける優れた素材です。
また、睡眠時の喉を守るマスクとしてもオススメです。


【ヘンプのお話】
ヘンプは大麻(おおあさ)の繊維です。
一般的に、麻と言われているものは、亜麻(リネン)と苧麻(ラミー)で、
ヘンプは指定外繊維と表示されています。
戦後、日本では大麻はタイマとして、いけないものという認識で排除されて来ています。
しかし、古来より日本では、様々な場面でヘンプを活用して来ました。
寺社で使われている注連縄(しめなわ)、相撲で使われている化粧まわし、
皇室の神事で天皇陛下がお召しになるお着物もヘンプで織られているもので、魔除けの意味合いがありました。
邪気を払い、空間と波動を調整するようです。

ヘンプには優れた効能がいくつもあります。
・抗菌、消臭効果
・防カビ性に優れ、雑菌の繁殖を抑制する効果があるため、臭いを抑える
・吸湿性、調湿性、速乾性に富んでいる
・さらっとした肌触り
・免疫力を高め、電磁波を防ぐとも言われる
・マイナスイオン効果
今、話題になっている5Gですが、電磁波の影響が懸念されていますね。
化繊の衣類は、電磁波を帯電してしまいますし、静電気も起こりやすくなります。
帯電した状態ですと、血流を妨げドロドロ血の原因にもなるようですが、マイナスイオンは、これらを解消する効果が期待できるそうです。


【ヘンプのマスクへの想い】
コロナウイルスが流行り始めてから、世界中の方がマスクを付けるようになりました。
一時期、品切れにもなっていましたね。
この状況で起こっていることを反対に考えれば、それだけ大量のゴミとなって廃棄されているということ。
マスクも気休めかもしれません。
でも、地球に優しい方法で、ものを大切にしていきたい。
そして、身体にも優しいものは何か。
Atelier nueの想いはいつも一緒です。
使うなら効能も優れているヘンプの生地がいい。そう思いました。
ヘンプのマスクは、ヘンプ100%の生地を使用しています。
手に取った方々が少しでも快適に、そして優しさに包まれていただけたら。
そんな思いで、1点1点手作業で作らせて頂きました。

耳に掛けるゴムさえも、化繊を使用しないで作れないか?と、同じ生地で紐を縫い上げています。
長さはお好みの長さで縛ったら、一度使って洗ってください。
その後、再び紐の長さを確認して、結び目はマスクの中に引き込んでしまえば、気になりません。
飛び出した余分はカットして下さい。
ゴムとは違って、ずっと引っ張られて力がかかった状態からは解放されるので、ストレスなくお使い頂けます。
睡眠時も気持ちよくお使い頂けますので、オススメです。
一日中着けていても、こもりがちな臭いも気になりません。

洗って使うほどに、しなやかで色も白くなっていきます。
もともと持っているヘンプの繊維の美しい光沢感は、命の煌めきのように感じます。
長く愛用して頂けましたら幸いです。

【価格】
¥1,650/1枚(税込)

【送料】
¥180 1〜5枚まで 
¥370 6〜10枚まで
¥750 10枚以上

制作者: 宮坂絹枝
販売価格 1,650円(税込)